なんとなく独り言の最近のブログ記事

There are No Enemies amongst Us.

There are so many people who are trying to make this world a better place. 

I am mainly referring to those on the internet ... and while I respect their zeal for wanting to make this world a better place, I can't help but wonder why they are so eager to make enemies. 

Of course not everyone fits into this category but there are many among those who are trying to change this world who use very harsh words, and thereby, create enemies for themselves.


I tend to be surrounded by vegetarians, so noticing that for vegetarians, those harsh words of criticism are oftentimes directed against mega-corporations producing processed foods, pharmaceutical companies and doctors involved in producing various therapeutic grade drugs, governments and politicians, or against people and countries cited for cruel treatment of animals. 

 Then, if their target range is narrowed, their harsh words may be even lodged against their own co-workers, friends and family - those closest to them.


We all have our various principles and opinions so what we want to say may mushroom into a huge desire to be heard ... 
but their mindset appears quite hostile.

敵なんていない

| コメント(5)


世の中を少しでも良くしようと頑張っている人、たくさんいますよね。 


主にネット上でなのですが、 

そういう方たちの発言を聞いていていつも思うことがあります。 


なんでそんなに、敵を作りたがるのかな〜って。






必ずしも全員が全員そうだというわけではないのですが、

かなり多くの人が、自ら敵を作り出していますよね。



しかも結構キツい言葉を浴びせながら。



僕の周りにはベジの人が多いので、

ベジの人だったら加工食品を作っている大企業とか、

医薬品を作っている会社や医者、

政治家とか政府、

動物を虐待している人たちや国、

もっと範囲を狭くすると自分の会社の人や友人や家族に向けてとか。




皆さん色々と主義主張があるでしょうから、

言いたいことが山ほどあるんでしょうが、 

それにしてもキツいですよ。思考が。

不買運動をしている人達を見たりすると、なんとなく残念な気持ちになることが多いです。

いや、多かったです。


原発関連の開発や研究をしているから、どこどこのメーカーのものは全部買わない、とか、

武器・戦争などに支援をしているからどこどこの食べ物を絶対に食べない、とか、

ここは動物実験をしているからこのメーカーのものは買わない、とか、

色々なことで、不買運動をしている人って多いんじゃないかと思います。


また、ただ自分だけがやるだけでなく、
半強制的にそれを他人に強く勧めまくっている人も多くいますね。笑

僕のところにも、ほんとたま〜にですけど、

何の挨拶もなく、

以下の件、協力してください
http://www~~~~

と言うメッセージがきたりして、
どういう風に観じとっても嫌な感じしかしないのですが(笑、興味本位でリンクを開いてみると、
いきなり動物が虐待されている画像がデデーンと出てきて、反対運動にサインしてください。

みたいなHPだったりすることがほとんどなんですね。笑


もうね、やかましいわ。


という感想しか出てこないですけどね。

もちろん、気持ちは分かるし、そういうのは最終的には無くなってほしいと思う気持ちは僕も同じなんですけど。

ずっと前にも似たようなタイトルの記事を書いた記憶がありますが。

が。

また同じようなことを書き綴りたいと思います。笑

何故かと言うと、最近、そういうことを伝えといた方がいいかな☆って人に
出会う機会が何回かあったからです。





僕自身や、その他、健康オタクみたいな人にとっては当たり前のことだとは思いますが、


健康になるためにまず最初にすること、それは、、、



体にとって健康に良い食品を探し始めることではなくて、


体にとって健康を害している食品の摂取をまずやめることです。




あの食べ物が体に良いらしい♡

こういう食べ方にすると良いらしい♡♡



そういう情報に心が踊る気持ちは、僕には全く分かりませんが(笑、


この質問は本当によくされます。笑

ベジの人からも、ベジではない人からも、この質問をされます。






僕は基本的に、他人がどうしているか、なんて全く気にならない性格なので、

困ることなんてほとんどないし、

他人がどうしているかよりも、自分がどうしたいかの方がはるかに大事なことですし、

皆さんにも、まず自分はどうしたいのかをよく考えて、自分で答えを出し、

自分から行動をするということをしてもらいたいところですが、


どうしても皆さん僕が外食をどうしているのか気になるようですので、お答えしましょう。笑

2013参議院選挙、終わりましたね。


山本太郎さんが、66万票を獲得して当選。

僕も一票を投じた三宅洋平さんは、17万票を獲得したけど、落選しました。


この選挙結果を受けて、喜んだ人、落胆した人、希望を持った人、悔しくなった人、色々だと思います。



あの選挙フェスの盛り上がりからしたら、三宅洋平君の17万票は少ないような気もするけど、

僕の周りは特に似たような思想の方が本当に多いので、これがきっと現実なのでしょう。


それでも、17万人もの人が、比例区で政党名ではなく、三宅洋平と個人名で投票したことには

大きな希望を持ってもいいのではないかと思います。




僕自身、ほんの数年前までは選挙などには全くと言っていいほどに興味がなかった。

興味がないというよりは、投票したいと心から思える人が一人もいなかった、という方が正しいかもしれない。



その意識が大きく変わったのは、やはり東日本大震災がきっかけだったと思う。

でも、去年の衆議院選挙でも、心から共感できて、投票したい!と思う人はいなかった。

だから比較的、考え方が似ている共産党や社民党に投票するしか選択肢がなかった。




でも、今回の2013年の参議院選挙には、心の底から応援したい、と思える人が一人だけいた。

それが三宅洋平君だった。


なにかの病気にかかったとき、

体のどこかを怪我したとき、

原因はよく分からないけどなんか体調不良のとき、

皆さんは、まず最初になにをするでしょうか?



あ〜あれ行きたかったのにな〜。と、とりあえず憂鬱になっちゃいます?笑

それとも、前向きに治療法を探しますか?

もしくは、なんでこんな体調悪いんだろう〜とか、まずは原因究明をしますか?



どれも別にしちゃいけないってことは全然ないんですけど、

僕が思う、まず最初にすること、それは、、、


『体に感謝すること』


だと思うのです。

分離と統合

| コメント(10)



バシャール。


最初に読んだのは、もう何年も前のことですが、
最近、出版されているものを全て買いそろえて、時間のある時に読んでは人生の指針にしております。笑

そこで特に最近、意識するようになったのが、『統合』という言葉。

『バシャール ペーパーバック4』の中では、下記のように表現されています。





モノを否定したり、捨てたりすることで、進化できるわけではないのです。

それを包容する、含有する、統合することによって、進化していきます。

分離がすくなくなることによって、より統合されていくわけです。


意識の進化とは、『バランス』です。

すべてのレベルのバランスを取ること、すべてをここに取り込むことなのです。

進化とは『統合』です。

排他的なものではありません。


このバランスを取るのに『感情』が役に立ちます。

感情表現とは、自分が無限のものとつながっている、ということを知ることです。

そして自分自身でつくりあげた自分という存在を、どの一部も抑圧することなく、

フルに表現することです。






このように書かれています。

この文章を読んで、そうだよね〜〜と、妙に納得したのを覚えています。

進化とは、分離していくことではなく、あらゆるものを統合していくこと。


もうかれこれ、一夜にして食事を菜食に切り替えてから、6年が経とうとしています。

菜食に移行したきっかけは、2冊の本、『神との対話』と『エコロジカル・ダイエット』でした。



僕は相手が誰であろうと、自分が動物性の食品をほとんど口にしないことを伝えるのですが、

そういう話をすると、よくこう言われます。



『お肉を食べたい〜〜!とか思ったりはしないの?』

『私なんて絶対そんな食生活我慢できないわよ〜』

『高嶋さん、そうすると、たんぱく質はやはり大豆なんかから・・・?』  ・・・笑。




普通の人は、肉や魚を食べないと聞くと、『制限している』『我慢している』と、まずは捉えるようです。

でも僕の場合、菜食という食事をする上で、我慢や制限などと言った言葉とは無縁です。


そう言うと、

『その信念、見習いたいものだわ!』

なんて言われちゃうのですけど。笑


僕が菜食をし続ける第一の理由、それは間違いなく、『環境保護』にあると思います。

人間のしていること

| コメント(10)


今、人間がしている生活が、どのようにして成り立っているかが短い間でよく分かるアニメーションです。

象とピアノって何か関係あるのかなと思って調べたら、昔のピアノや今も一部の高級ピアノでは、
白鍵が象牙で出来ているのですね〜初めて知りました。

ニワトリとバスケットボールの関係は調べてもよく分からないんですけど、誰か知っていますか??



日本の政治や民意は、『経済優先』らしいですが、もっと優先させるべきものが他に山のようにありますよね。

優先させるべきものを優先させることで、結果的に経済も良くなると、僕は思うのですけどね〜。



でもまぁ、こんなことしている生物がこの小さい惑星に70億人もいるのだから、

地球にとっては人間なんて有害以外の何者でもなかったりしてね。



毎日毎日、毎瞬毎瞬、自分の選択が周りの全てにどのような影響を与えるのか、今一度よく考えてみましょ。


動く。

| コメント(17)




人間って、何のために生まれてくるのでしょうね。




人それぞれ、何のために生まれてきたかは、理由や目的が異なるのが当たり前だと思いますが、

一つだけ、皆に共通する、はっきりと分かっていることがあります。

地球上の99.9%以上の人は、動ける体を持っていると思います。



そう、『何か行動をするために』生まれてきているのは、間違いないことではないかと思います。



正しいこと

| コメント(21)

生きていると、よく耳にする言葉です。

正しいこと。




では、『正しいこと』って、なんだろう?


ベジの世界にいると、

『正しい知識を皆さんに伝えなければ!』

『正しい情報を広めたい!』

『正しい食べ物を手に入れないと・・・!』

こんな言葉をよく聞きます。





誰でも皆、頑張っています。

でもその、『正しいこと』って、一体なんなのでしょうか?


誰が、どうやって、その正しいことと間違っていることとやらを区別しているのでしょうか。

否定・批判・反対

| コメント(53)
DSC_3183.jpg


この3つの言葉の言動、自分ではなるべくしないように気を付けている。

でも、あからさまにそう表現しているわけではないけど、
自分がそういう意味を持たせた言葉を発してしまうことがたまにある。

大体はいった後にすぐに気付く。

また、冗談まじりにそういう表現を含ませた言葉を発することもある。

これから、この否定・批判・反対をするという行為を、徹底的にしないようにしようと思う。
20110715-DSC_2725.jpg

今日、ふと空を見ると月がすごく綺麗だったので、望遠レンズを借りてきて、
自宅から満月を(ちょいと時間が過ぎて若干欠けていますが)撮影してみました♪

想像していたよりも鮮明に写すことができて満足です(^_^)笑
(Nikon D40 / AF-S VR Nikkor 70-200mm 2.8G)

今、個人レッスン用のテキストを白紙の状態から作り直しています。
個人レッスンで伝えたいことと出版したい本の内容はほとんど同じなので、
テキストを作ると本の目次にもなってしまうという、一石二鳥状態なのです♪笑

個人レッスンではその人に合わせて話をしたりするので、目次程度で概要さえ書いてあれば良くて、
本の場合は誰が読むか分からないので、たくさん例なども踏まえた内容にしたいと思っています☆

本題に入る前の、序章の部分だけサラっと書いてみたので、気になった方は読んでみてくださいね♪

皆さんこんにちは(^_^)
今日も元気に楽しく過ごしていますか?

これから、『食の基本』という題目で、『食』に対して、僕の考えや今思っていることを書いていきます。

チャプターがどれくらいまで増えるかは分かりませんが、気長に読んでいってくれたらと思います☆

皆さん、明けましておめでとうございます♪

2011年になりましたね(^_^)

今年は、今まで以上に本気で色々な事に取り組んでいこうと思っていますので、
今年もどうぞよろしくです・・・☆


新年最初のブログは、僕がヴィーガンになった理由を書きたいと思います。

もう一つのブログ、菜食の輪を広めちゃおう♪の方でも書いているのですが、
よく色んな方に、病気が原因ですよね? って言われるので、(本当は違うのです。)
もう1回、書こうかなっと思いましたので、書かせて頂きます(^_^)


またまた槇原敬之さんの曲ですが、とても素晴らしい曲で、最近ず〜〜っと聞いています(^_^)
メロディはもちろんですが、歌詞がとても素晴らしいので、紹介したいと思います♪
皆さんも口ずさんでみてくださいね〜♪


マハトマ・ガンジーが残したとされる言葉の中に、こんな言葉があります。



"The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated."

"国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る"



この言葉を元に日本という国をみてみると、日本はものすごい『発展途上国』になると思います。
しかも、ワースト1位を争えそうなぐらいの勢いです・・・(>_<)

砂糖不使用

| コメント(40)
20100913-DSC_1441.jpg
砂糖不使用という言葉について思うところがあり、記事にしようと思い立ってしまったのでそうします(^_^)
20100304-DSC_9411.jpg
近所の梅です。うん、綺麗。  梅がね。  写真は、まぁまぁかな。笑

今日は、病気について記事を書きたくなったので、書かせて頂こうと思います。
ちょっとキツい言い回しが出てくるかもしれませんが、気にせず読んで頂ければと思います。
20100210-DSC_9189.jpg
鎌倉は鶴岡八幡宮境内内、旗上弁財天社にご在住の、鳩 ポッポさん(推定3歳)です。
それにしてもぷりっぷりな胸肉が美味しそうですね〜。・・・いやいや、嘘ですよ、嘘。

タイトルは、大事そうだな〜と思った順番に、ただ並べてみただけなんですけどね。
本当は、どっかに『咀嚼』という言葉を入れたかったのですが、
最後の読みが『しょく』ではなかったので、残念ながらランクインならずです。笑

これから始める方達だけでなく、始めたばかりという方達も是非読んでみてくださいね。

ローフードに関する情報は、本やインターネット、または教室などでも豊富に手に入るのですが、
イマイチ分かりづらかったりするみたいなので、ちょっとまとめてみました。

食事法を選ぶ理由

| コメント(25)

・なんで肉や魚を食べないんですか?

・なんでローフードをやっているんですか?

・なんでオーガニックの食品や衣料品を買っているんですか?




皆さんはこう聞かれたら、どのように答えますか?

僕は、こう答えます。



『地球のためです。』




でもたぶん、ほとんどの方はこんな感じの答えを言うと思います。


・ローフードを取り入れて痩せたいから。
・身体に良さそうだから。
・少し取り入れてみたら持病が良くなったから。
・健康に良いよ、とススメられたから。
・ダイエット法として流行ってるっぽいから。
・キレイになりたいから。


もちろん、それでも全然OKなんですが、
僕のブログを読んでくれている方達には、
もうちっとだけ視野を広げて頂きたいと思います☆

About me

DSC_9645.jpg
高嶋 綾也 (Ryoya Takashima)

菜食というスタイルが、環境保護に多大な貢献をし、不必要に命を奪われる動植物の数を減らし、人の健康にも良いという3つの事実を知ってからずっと菜食を続けています。身体の調子も心の気分も最高に良いです。皆さんも、どうですか☆

詳しいプロフィールは、こちらへ♪