グルテンフリーパンの最近のブログ記事

DSC_4204.jpg

ちょっと間が空いてしまいましたが、グルテンフリーパン研究その4です。

何を『混ぜる』って、発酵させる前の生地をよ〜く混ぜます。

グルテンフリーパン、特に、米粉パンの場合は、この『混ぜる』という工程がとても大事なようです。


スパチュラやウィスクで適当にチャチャっとね〜♪とかだと、全然膨らまないのですけど、

なぜか、この『混ぜる』という工程を入れることによって、劇的に膨らみがよくなります。


混ぜる機械は、基本的には何でもOKです。

フードプロセッサーでもいいし、ニーダーでもいいし、僕みたいにハンドミキサーでもいいです。

でも生地がドロドロのネチョネチョなので、フープロだとまとわりついてロスが多い&洗うのも面倒なので、

ハンドミキサーが一番良いかと思います。
DSC_3937.jpg

なかなか、先行きが不透明な感じのするグルテンフリーパン研究ですが。笑


まずは、ちょっと休憩して、本物を食べてみよう☆ と思ったので、

Facebookにて情報を求めたところ、武蔵境のこめひろさんが人気のご様子。

米粉100%のグルテンフリーのパン屋さんです。

早速、買いに行ってきてしまいました。

※後日知りましたが、『こめひろ』さんのパンはラードを使用しているので、
アレルギー表示が小麦だけになっていても、ヴィーガン対応ではないとのことでした。
あと、天然酵母ではなく、ドライイーストです。気にする方はご注意ください☆
DSC_3826.jpg

今回は、グルテンフリーパンにはほとんどと言っていいほどに入っている、デンプンを研究します。

コーンスターチや片栗粉、タピオカ粉など、デンプンであれば結構なんでもいいみたいなので、

自宅にたくさんあるタピオカ澱粉を今回は使用します。



まずは、前回の研究をもとに、適当に粉を配合します。

米粉30%、ホワイトソルガム粉30%、もちきび粉30%、アマランス粉10%で今回はいきます。

澱粉は外割りにしようかと思ったのですが、外割りだとそれぞれの全体の量が変わってしまうので

混ぜた粉を一部取り除き、粉に置き換えて澱粉を加えることにしました。
DSC_3660.jpg

グルテンフリーパンの研究、いつやるの?

今でしょ。ええ。

ということで、グルテンフリーで作るパンの研究に着手いたしました。



まずは、比較的手に入れやすかった小麦粉ではない粉5種類を購入し、

失敗というか、美味しくできないのは承知で、

まず初日はそれぞれの粉がどのような性質を持っているのかを確かめてみました。

それぞれの粉100%で、パンを焼いてみます。



以下、マニアックな方のみお読み下さい。笑

About me

DSC_9645.jpg
高嶋 綾也 (Ryoya Takashima)

菜食というスタイルが、環境保護に多大な貢献をし、不必要に命を奪われる動植物の数を減らし、人の健康にも良いという3つの事実を知ってからずっと菜食を続けています。身体の調子も心の気分も最高に良いです。皆さんも、どうですか☆

詳しいプロフィールは、こちらへ♪