July 14, 2016

Milky Way Time Lapse from Mauna Kea

20

 

———————————————————————–

Message from Kāne
(I am transcribing the messages I received from Kāne on the night of July 6, 2016.)

Kāneからのメッセージ
(2016年7月6日の夜に、Kaneから受け取ったメッセージをそのまま転載します。日本語のメッセージは英語のメッセージの下にあります。)

———————————————————————–

 

 

Message from Kāne
(I am transcribing the messages I received from Kāne on the night of July 6, 2016.)

 

I’d like to shed light upon Mauna Kea.

I am Kāne, who dwells on this mountain.

It is the origin, roots, source of life.  As for my being, it circulates this earth, as a cycle of life, as in the way that water transforms, becoming rain which then evaporates into clouds and then reverts to rain again.

It is the source of the origin of life.

Mauna Kea is the tallest mountain on the earth.

It is the tallest mountain and closest (to the cosmos) in the Pacific Rim.

For Hawaiians, this summit, is called the piko (umbilical cord) and that is the keyword.

When we are born, we are connected to our mothers by a spiraled umbilical cord and likewise so are our descendents born.

The 2 lines, like the helical strands of DNA connected, that is where the roots of life, the source of life is connected.

It is there that all information is housed.

Composed of all knowledge that is from a time long before we were born, that is what connects all humans.

And thus, that is the source of every life and life is connected entirely in spiral forms.

The foundation of that DNA connection, where the seemingly varying 2 types of energies of DNA and the umbilical cord become one and are directed toward the core, from the top of the mountain to the earth’s inner space.

The massive power of the attractive force resulting in the 2 (cosmic) repulsion forces, positive and negative.

In addition, like a magnet, the repulsive force of the 2 become 1, gets absorbed and that energy extends vertically straight.

Those of ancient times, the people of Polynesia, and the Hawaiians knew that to be true, embraced that energy and thus have held it in great reverence.

The top of the mountain is where God lives.

That is the same worldwide.

It is a place where human beings are not allowed to enter.

Mauna Kea is also a place that has been revered in that way, for a very long time.

However, human beings are trying to use that powerful energy.

Although it has taken shape in the form of an astronomical observatory, many things are being used for energy conversion and it is said that there are many countries involved in its research.

Now, the most vital thing to point out is the human ego and that there is an attempt to build a new astronomical observatory in order to absorb that power.

That is something that should not happen.

There are people in the world who are aware of this.

However, there is a far greater number of people who are completely unaware.

For the life and death of humans, in order for them to return safely to the universe after passing, as well as for new energies to come down from the cosmos to earth, we must not stop this flow.

In a sense, this very point is extremely important and it is also imperative for you all to understand that as well.

Much in the same way, many instances such as this are occurring at other sacred places in the world.

What it means is that there are many places where human beings in their ego mind are using that vast energy and are trying to mobilize it in some way and to build something that is of out of accordance, as well as consume the energies of venerated sites.

Rather than looking at it superficially and simply as destroying the environment, it is likely that stealing an utmost sacred energy such as this, will become the cause of utter annihilation of this earth.

However, if there are those who are cognizant of that, one by one it will be absolved and it is possible that this divine energy will be used in the right way.

In another sense, depending on the transmissions of what sort of energy you all want to send, what kind of earth you want it to be, what the new earth would be like, what sort of peaceful world you want to create, that will instantaneously spread out to the world.

It is very good to use the energy of sacred places for good things.

In addition, it means that rather than focusing on the negative energies, having a positive consciousness, that is hundred times more faster in going the distance.

In ancient times, the earth was extremely beautiful, indeed vibrant with color, and full of vitality and the water, yes, it even overflowed into the energy of the waters.

It is possible for Mauna Kea to regain the vigor of that primeval time.

The symbol of Mauna Kea’s piko is the union of positive and negative, 2 opposing energies.

That is happening in the inner space of each individual, and within your own personal space at the same time.

Mauna Kea and Mauna Loa are also yin and yang to each other and are 2 entities that become 1.

Also, each one is also positive and negative, and are each their own entities.

Mauna Kea has an intimate relationship with the stars.

Always communicating with the stars.

Through Manua Kea, many stars, planets, and cosmic beings are continually relaying energies of love.

The fact that you are male & female, and that is yin and yang.

At this instance, as a result of the 2 people being created from the positive and negative entities, that power is manifested.

And then that positive and negative force integrate in harmony within the inner space.

Also, the universe is supporting that vibration of love.

The summit of Mauna Kea is, from the zenith of the mountain, like a spring, always sending love.

I am honored to be able to share things on Mauna Kea, also Hawaiʻi island, the universe, and the stars in this way.

Polynesians relied solely on the stars and those stars like that of which was within their own inner space were connected to that vibration steadfast, so that even on a stormy night, when the stars were not visible, they were headed to the right place, the right island, and to the place they need to get to.

Please connect to the stars.

Where is the place you need to go to?

In addition, even if you cannot see the stars, within you all, within all of your inner spaces, the stars are always shining brightly.

And that is guiding you to the right path.  Water, that is at the root of your soul, that is here.

And there is one more thing, the flame that is at the root of the soul.

That is at the volcano of Kīlauea.

And the volcano, becomes magma and that becomes your inner space.

To connect to the stars, to find the guiding star, to find the star within yourself.

Head towards where you need to.

It means that it is within you.

The people of today may have forgotten that.

The stars are always singing.

Singing beautiful songs.

That becomes a vibration and enters the layers of your skin and permeates your cells.

A place such as this, carries both energies, one that is powerfully based on love, and at the same time, a fiercely opposing strength.

Please use this place in the right way.

And thank you for coming today.

I am grateful to have met you at this time.

(Translated by Yumiko Kawai)

 

———————————————————————–

 

マウナケアについて説明させていただきます。

私はこの山に住んでいるKāneです。

 

生命の源、ルーツとなる、もととなる、という意味があります。

私の存在としては、生命のサイクル、水が巡っていくように、

雨となりそれが気化して雲となり、また雨となり、この地球に循環しています。

その源となる生命の元です。

 

マウナケアという山は、地球の中でも最も高さがある山です。

環太平洋の中でも一番高く宇宙に近い山です。

 

ハワイアンの中では、この山頂は、へその緒と呼ばれていて、それがキーワードとなっております。

私たちが生まれてくるとき、母体となる母、その母から、らせん状のへその緒となりつながり、

またその子孫が生まれてきます。

 

二つの線、DNAのような螺旋のような線が繋がって、そこから生命のルート、生命の源が繋がっています。

そこには全ての情報が入っています。

私たちが生まれるもっともっと前の情報が全て入っていて、それが人間と人間をつないでいます。

 

またそれは全ての命のもととなっていて、命は全てらせん状の形となって繋がっています。

その大本となるDNAのつながり、DNAの形、へその緒の形のような二つの異なるエネルギーが一つとなり、

山頂から地球のインナースペース、核に向かっています。

 

ものすごい大きな力の吸引力で二つの反発する力、陰と陽。

また磁石のように反発する二つの力が一つとなり、吸引され、そのエナジーがまっすぐ縦に伸びています。

 

昔の人たち、ポリネシアンの人たち、またハワイアンの人たちはそのエナジーをしっかりと見届け、感じ、

またそれをとても大事にしてきました。

 

山の上は神様が住む場所。

それは世界共通です。

 

人間が踏み入れる場所ではないという所です。

マウナケアも長い間、そうして大事にされてきた場所です。

 

ですが、この強力なエナジーを人間たちが使おうとしています。

天文台という形にしていますが、エネルギーの変換として使っているものも多く、また研究している国も多いということです。

 

今、最も大事なポイントに、人間たちのエゴで、そのパワーを吸収するために新しい天文台を建てようとしています。

それはあってはならないことです。

 

世界中でそのことに気づいている人間たちもいます。

ですが、全く気付かない人の方が殆どです。

人間の生と死、亡くなったものが無事に宇宙に戻れるように、

また、宇宙から新しいエナジーが地球に降りてくるように、

その流れを止めてはいけません。

 

ある意味、このこと自体がとても重要で、それを感じることもあなたたちにとってもとても重要です。

また同じように世界中の大事な場所で、このようなことがたくさん起こっています。

 

莫大なエネルギーが、人間のエゴを人間たちがそれを使って何かをまた利用するために使おうとして、

大事なポイントに違うものを建てたり、またエナジーを吸収したりしているところがたくさんあるということです。

 

表面的なわかりやすい環境破壊というよりも、このような大事な神聖なエネルギーを奪われるということが、

この地球が滅びる原因となっていくのでしょう。

 

ですが、それに気づいた人間たちの意識があれば、一つ一つ解除され、

また大事なエナジーが正しい道に使われることもできるようになります。

また、ある意味、ここからあなたたちがどんなエナジーを送りたいのか、どんな地球にしたいのか、

新しい地球はどんな感じなのか、どんなピースフルな世界にしていきたいのかを発信することで、

それが一気に世界に広がることもできます。

 

大事な場所のエナジーをいいことに使うのはとても良いことです。

また、マイナスなエナジーよりはプラスの意識、そちらの方が何百倍も早く届くということです。

 

太古の地球は、とても美しく、また色もはっきりしていて、生命力があり、また水、そうですね、

水のエナジーにも満ち溢れていました。

その太古の力を取り戻すこともマウナケアならできます。

 

マウナケアのへその緒の象徴は陰と陽、二つの異なるエナジー、それが融合されるということ。

それが一人一人のインナースペース、自分のスペースの中でも同時に起こりうることです。

マウナケアとマウナロアも陰と陽で、二つで一つとなっています。

また、それぞれが陰と陽で、一つで一つでもあります。

 

マウナケアは星とも密接につながっています。

星といつも会話をしています。

たくさんの星、惑星、宇宙的存在が、マウナケアを通して愛のエナジーを送り続けています。

あなたたちが男性と女性であること、そしてそれが陰と陽であること。

この時に、陰と陽という存在として、二人できたことで、またその力が発揮されています。

 

そしてそれぞれが、インナースペースの中で、陰と陽がバランス良く統合されていきます。

またそれを宇宙が、愛のバイブレーションとして応援しています。

マウナケアの山頂に、そして山頂から泉のように、いつも愛を送っています。

 

このような形で、マウナケアのこと、またこのハワイ島のこと、宇宙のこと、星のことを

あなたたちに伝えていけるのをとても光栄だと思っています。

 

ポリネシアの人たちは星だけを頼りに、またその星を自分のインナースペースとして

しっかりとバイブレーションとして繋がり、嵐の夜でも、星が見えなくても

正しい場所に、正しい島に、行くべきところに、向かっていました。

星を感じてください。

 

あなたが行くべきところはどこでしょう。

 

そして、もし星が見えなくても、あなたたちの中には、

あなたたちのインナースペースにはいつも星が煌いています。

そして、正しい方向へと導いています。

 

魂のルーツにある水、それがここにあります。

そして、もう一つ、魂のルーツにある炎。

それはキラウエアの火山にあります。

またその火山は、マグマとなり、それがインナースペースになっています。

 

星を感じること、導く星を見つけること、自分自身の中の星を見つけること。

行くべきところに向かうこと。

それは自分の中心にあるということ。

それを今の人間たちは忘れているかもしれませんね。

 

いつも星は唄っています。

美しい歌を唄っています。

それがバイブレーションとなり、体の皮膚の層から入っていって、細胞の中まで浸透しています。

力強く、愛に基づくこの場所は、また同時に力強く反発する二つの力も持っています。

この場所を正しい方向に向かうように使ってください。

そして今日来てくれてありがとう。

このタイミングで会えたことに感謝しています。

———————————————————————–